店主 蕗谷淳について

<来歴>

1972年 都内にて生まれ 神奈川 藤沢にて育つ。
17歳。都内寿司割烹にて、料理人としての人生スタート。
23歳。北鎌倉の会席料理店に入社。
33歳。同店料理長を努める。
40歳。同店退社。開業。

2013年、ここ鎌倉市稲村ガ崎にて「虹」を開業いたしました。
「虹」と書いて「こう」と読みます。
「虹」とは、私の祖父、蕗谷虹児の名から一字をもらったものです。
当時の画壇にあっては斬新な色彩と線使いで、多くの挿絵を描いた画家です。ご覧の方々の中には、
彼の挿絵が描かれた絵本の思い出がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

祖父は時代を先取りした絵で当時の人々を楽しませました。
私は料理で、人々によろこびを提供できることを、最大の喜びとしています。

祖父 蕗谷虹児について

蕗谷虹児(1898-1979)は竹久夢二の紹介により少女雑誌に絵や詩を発表し、そのモダンな作風が読者の熱狂的な支持を得て、一躍人気スターとなりました。シャープな線によるペン画や、数々の雑誌を飾った華やかな表紙や口絵、明るくみずみずしい色彩に溢れた絵本の挿絵は多くの人に愛されてきました。童謡「花嫁人形」の作詩者としてもよく知られています。画家、イラストレーター、詩人、グラフィック・デザイナーなど、一人何役もこなす多才なアーティストでした。